Linksys メッシュ ルーター用 Linksys アプリの Wi-Fi 設定メニューの概要

User-added image

ルーターの Wi-Fi 設定機能を使用すると、接続を最適化するために、トラフィック量が最も少ない最適な Wi-Fi チャネルを見つけることができます。また、Wi-Fi 資格情報を管理することにより、ネットワークをセキュリティの脆弱性から保護することもできます。

Wi-Fi設定メニューへのアクセス
Wi-Fi設定の概要

Wi-Fi設定メニューへのアクセス

手順

ステップ1:
Linksys アプリにログインし、ダッシュボードにアクセスします。ログイン方法については、ここをクリックしてください。

ステップ2:
メニュー User-added imageアイコンをタップします。
 
ステップ 3:
[Wi-Fi 設定] をタップします。 Wi-Fi設定画面に移動します。

User-added image

Wi-Fi設定の概要

 
Wi-Fi設定
説明
Wi-Fi名とWi-FiパスワードWi-Fi 資格情報を表示します。各フィールドをタップして変更します。

User-added image
 
高度な Wi-Fi 設定User-added image
 
  • セキュリティ タイプ - このオプションをタップして、セキュリティ設定を変更します。選択肢は、WPA2/WPA3 Mixed PersonalWPA3 Personal OnlyWPA2 Personal、または Open です。デフォルトのセキュリティ タイプ (WPA2™ Personal) が推奨されます。
 
注: WPA3 Personal Only の使用を検討する場合は、子モードのルーターを含むすべてのデバイスが WPA3™ をサポートしている必要があります。デバイスがサポートしていない場合、接続できません。一部の機器では、WPA2/WPA3 Mixed Personal に接続できない場合があります。この問題が発生した場合は、WPA2 Personal に戻してください。

User-added image
 
  • Wi-Fi モード - 対応されているオプションは混合モードのみです。
  • チャンネル ファインダー - この機能は、ネットワーク内の各ルーターを調査して、トラフィックが最も少ないチャンネルを見つけて変更を加えます。

[チャンネルをスキャン] をタップします。

スキャン中はすべてのデバイスが一時的に切断されます。すでに最良のチャネルを使用している場合は、変更はありません。

User-added image

チャネルのスキャンが完了したら、[技術的な詳細] をタップして新しいチャネルを表示します。

User-added image

User-added image

チャネルファインダー機能の使用方法の詳細については、ここをクリックしてください。
 
  • 動的周波数選択 (DFS) – このオプションはデフォルトでオフになっています。 DFS を使用すると、Wi-Fi で、通常はレーダー システム用に予約されている 5 GHz の周波数を使用できます。有効にすると、ルーターはチャネル幅を従来の 20/40/80 MHz から 160 MHz に拡張できます。

注: DFS チャネルをサポートしない子モードのルーターがネットワーク内にある場合は、親ルーターでこの機能をオンにしないでください。そうしないと、子モードのルーターがネットワークに接続できなくなります。 DFS チャネルを対応していないクライアント デバイスがある場合、それらのデバイスは代わりに 2.4 GHz 帯域に接続します。 DFS 機能を備えたルーターのリストについては、ここをクリックしてください。

DFS 機能を有効にする方法を知るには、デバイスを WPS に接続する
[接続] をタップして、Wi-Fi Protected Setup™ (WPS) を使用してデバイスを追加します。スイッチを切り替えて、WPSをオンまたはオフにすることができます。 [接続] をタップしたら、2 分以内に WPS ボタンを押してデバイスを接続します。

PIN を使用して接続するには、下部にある [PIN を使用] をタップします。

User-added image

これを行う方法の詳細については、ここをクリックしてください。
 

Was this support article useful?

Additional Support Questions?
Search Again