text.skipToContent text.skipToNavigation

保護者による制限機能を使用してインターネットアクセスを一時停止する方法

Linksysアプリの保護者による制限機能を使用すると、端末をインターネットアクセスを一時停止できます。この記事では、その方法について説明します。

重要:開始する前に、ダッシュボードにすでにアクセスしていることを確認してください。 Android™デバイスを使用する場合の手順については、こちらをクリックしてください。 iOSの場合は、こちらをクリックしてください。

ステップ1:
アプリのダッシュボード画面から[保護者による使用制限]に進みます。

 
User-added image
 
※iOSの場合は、画面の一番下までスクロールするか、画面の左上にあるメニューアイコンをタップして保護者による制限機能に進みます。
 
User-added image
 
ステップ2:
[デバイスを制御]をタップします。

※下記の画面は、保護者による制限の設定がまだされていない場合にのみ表示されます。
 
User-added image
 
ステップ3:
リストからデバイスを選択します。
 
User-added image
 
ステップ4:
端末のインターネット接続を一時停止するには、[インターネットアクセスを一時停止]または一時停止ボタンをタップします。
 
User-added image
 
インターネットの一時停止を示す赤いバーが表示され、その特定の端末のインターネットアクセスが一時停止されたことを示します。
 
User-added image
 
※アクセスを再開するには、[インターネットアクセスの再開]または再生ボタンをタップします。

一時停止中のデバイスが保護者による制限画面にどのように表示されるかを以下に示します。
 
User-added image
 
保護者による制限が設定されているAndroidデバイスのダッシュボードには下記のように表示されます。
 
User-added image
 
iOSの場合、ダッシュボードに一時停止されている端末が表示されず、保護者による制限に設定されている端末の数のみが表示されます。
 
User-added image
 
保護者による制限に設定した端末のインターネット接続状態を確認するには、端末側で新しいブラウザを開いてインターネットに接続してみます。インターネットにアクセスできなくなります。


関連記事:

保護者による制限機能を使用して一時停止をスケジュールする方法
Linksys Shieldによる保護者による制限ガイド

関連ビデオ:

Trend Microを搭載したLinksys Shieldについて(ビデオ)
Linksys Shieldのカテゴリ別でブロックする機能の使用方法(ビデオ)

このサポート記事は役立ちましたか?

サポートすべき質問がさらにありますか?

もう一度検索する