text.skipToContent text.skipToNavigation

Linksysルーターの動的周波数選択(DFS)機能を有効にする方法

User-added image

動的周波数選択(DFS)は、複数のワイヤレスローカルエリアネットワークがレーダーシステムと共存できるようにするスペクトル共有メカニズムです。 5 GHz帯域で動作している間、特定のレーダーシステムに干渉しない周波数を自動的に選択します。 DFSチャネルを使用する利点は、Wi-Fi干渉が少なくなり、Wi-Fiパフォーマンスが向上することです。この記事では、LinksysルーターのDFS機能を有効にする方法について説明します。

注:DFSをサポートするルーターの一覧については、ここをクリックしてください。


手順

LinksysルーターのDFS機能はデフォルトでオフになっています。 Linksysアプリまたはルーターのウェブインターフェースを使用して有効にできます。

始める前に:
  1. この機能をサポートしない子モードのルーターがネットワークにある場合は、接続の問題を回避するためにDFSをオンにしないでください。
  2. DFSチャネルをサポートしないデバイス(コンピューター、電話など)は、代わりに2.4 GHz帯域に接続します。
 
詳細については、該当するリンクをクリックしてください。

Linksysアプリ
ウェブインターフェース


Linksysアプリ経由

ステップ1:
Linksysアプリを起動してダッシュボードにアクセスします。方法については、ここをクリックしてください。
 
ステップ2:
メニューアイコンをタップし、Wi-Fi設定 >詳細Wi-Fi設定 を選択します。
 
ステップ3:
動的周波数選択(DFS)をタップします。

User-added image

ステップ4:
スイッチを右に切り替えてDFSを有効にします。

User-added image

ステップ5:
続行をタップします。

User-added image

変更が保存されるのを待ちます。

User-added image

新しい設定が正常に保存されたことを示す通知が表示されます。

User-added image


Webインターフェース経由

ステップ1:
ルーターのウェブインターフェースにアクセスするには、ウェブブラウザを開きます。手順については、ここをクリックしてください。
 
ステップ2:
ルーター設定のWi-Fi設定をクリックします。

User-added image

ステップ3:
詳細設定タブをクリックします。

User-added image

ステップ4:
動的周波数選択(DFS)オンにします。

User-added image

ステップ5:
続行をクリックします。

User-added image

ステップ6:
OKまたは適用をクリックして変更を保存します。

 

このサポート記事は役立ちましたか?

サポートすべき質問がさらにありますか?

もう一度検索する